結婚の際に母に喪服を購入してもらった時のこと※着こなしやすいデザインとは

私は独身時代、喪服という物を持っていませんでした。
それまでは、親族や知人のお通夜や告別式があった時でも姉や母の喪服を借りていたからです。
ところが、結婚が決まってから母が急に喪服をひと揃い準備しておかなければいけないと言いだし、近隣のイオンのフォーマルウエアコーナーに行くことになりました。事前にこのサイトで着やすいデザインがは調べて行きましたよ。

この店舗を選んだ理由は、自宅近くにあったことと、以前に姉が同じ店でフォーマルウエアを購入しており、品揃えが良いことを知っていたからです。
それまでは喪服の生地や形など全く気にしたことがなかったので私には良くわかりませんでしたが、母や女性店員さんのアドバイスを受けながらジャケット付きのワンピースタイプの喪服を選んで購入することができました。

選ぶ際に受けたアドバイスとしては、一生物となる喪服なので体型が多少変わってもそのまま着ることができるものを選ぶことです。
万が一妊娠した時でも着られる物を選んだ方が良いというアドバイスも受けました。
その条件を満たしたウエストを締め付けないタイプのものでボディラインが外に出ない物を選びました。また、年を重ねても着られるように飾り等は一切ないシンプルなタイプの物を選びました。

スカート丈は膝下20cm程度のものです。ジャケットは長袖でボタン等はないタイプです。また、ワンピースは七分袖のものを選びました。
これは母のアドバイスで、葬祭の時に手伝いをする際、洗い物などをすることもありその時にぬらしたりまくったりしないですむようにとのことでした。

また、葬儀等は季節を問わずあるので年間を通して着られる物を選んだほうが良いというアドバイスも受けました。生地が厚すぎたり薄すぎたりしないもので、ジャケットの着脱である程度気温の高低に対応できる物、また上着を脱いだ状態でも不自然に見えない物を選びました。喪服なので、色は黒で光沢がないものを選んだのはもちろん、喪服用の靴や黒のストッキング、バッグ、パールのアクセサリーひと揃いも合わせて購入しました。

旦那がセコい!生活費が足りないんのでキャッシングすることもしばしばです

いまは専業主婦で3年前に2年間だけパートをして、月に3万から5万くらいの収入がありました。旦那は安月給だし、家計を助けるつもりでパートにつきました。

基本は旦那の給料で生活をして、月末に苦しくなれば私の収入で、まかないました。あとは車検とか冠婚葬祭とか、大きく出る支出には助けました。
それから事情がありパートをやめて専業主婦になりましたが、通帳は旦那が持つようになりました。生活費はもちろん入れてくれますが、いちいち私からもお金を出させます。

私はパートしてたときのお金など、ほとんど貯金にまわせなくて、旦那は貯金がないのを知ってるのに、ガソリンとかは出してくれないし、ヒーターをつければ、石油代金は割り勘ね。とか!たまに電気代入れてとか、車検代も出してくれますが、月々、僕に返済してねと言います。

私の収入源は、たまに姉のお店を手伝いして、お小遣い程度の収入はありますが、その日払いで、3千円から5千円くらいです。私も化粧品を買ったり、美容院とか歯医者とかお金かかるのでそれは家計から出ないので、私から出します。

たまに気向きでガソリンいれてくれたり、しますが、お小遣いくらいほしいです。かと言って、またパートしてもいいかなと言うと、いい顔をしません。正直、姉のお店は、月に一回行くか行かないかなんで。

たまにクレジットカードで、お金を借りるときもあります。友達との交際費もありますから、ほんとに旦那がセコいから大変です。専業主婦に対して、お金を出せはないと思います。

私の理想は旦那が私に通帳を預けて、私がやりくり出来れば、充分に旦那の給料で生活は出来るはずなんです。
旦那がやりくりをしようとしてるから、余計にお金がかかるんです。安月給なら安月給なりに、どうにでもなると思うんです。

だから、私はお金に悩んでるんです。いい忘れましたが昔は旦那は私に通帳と給料を預けてたんですが、私がパートに出てから、旦那が通帳を持ってて、給料は入れてくれるんですが、全額は預けてくれません。

毎日、お金で悩んでます。
私も正社員で仕事したいんですが、旦那の両親が年なんで、同居はしてないのですが、定期的な病院通いとかあるし、ときたま体調をくずして入院もあるんで、正社員では、そうそう休めませんからね。

だからパートくらいなら出来るんですが、いつ、なにが両親に、
起こるかわからないから、仕事はするな!と言われてます。

結婚相手に求める事は、結果的には性格

私が結婚相手に求める事は、結果的には性格です。
詳しく言えば人には良い部分と悪い部分が何かしらあると思います。
その中で良い部分に対してどれだけ尊敬の念を持てているかだと思います。
そういった所で自分がこの人にはかなわないと思える事やこの人はすごい人だと尊敬の念を持てる事だと思います。
相手を尊敬する事が出来れば結婚したいなと思えてきます。

実際に結婚したのですが私が彼に対して凄いなと思った事は相手への思いやりでした。
相手の気持ちを考えて行動が出来るという面でこの人と結婚してもいいなと思えました。
他にも友達がいてその友達たちから信頼されているという事も私の中では重要な要素でした。
女性にすかれるというのはなんとでもできるけど男性から好かれて友達として信頼されるというのはなかなか性格が良くないとできないものだと思っています。

私が結婚した相手はそういう面でも友達から求められているということを感じました。
まずは相手の話をじっくり聞いてくれるという点です。
実際に何かあれば彼を頼りに話をしてきたり相談したりする事が多かったのです。
まわりの人をみればその人の人格も見えてくる事があります。
結局は結婚する場合一緒に年齢を重ねていくのだから性格が一番大切だと思います。

自分の中でこの人のこういう部分が好きだとおもえないと結婚は結びつかないです。
相手の性格をじっくり確かめて良い結婚相手を探せば幸せな結婚生活が出来ると思います。
どんなに貧乏でも一緒に入れると思います。

私の両親は父が、父の原因ではない借金を抱えているときに母と結婚をしました。

その借金返済がその当時大変で、自己破産をしたら、父や家族が困るっていうのも分かっていたけれど、家族の生活の方が大事だということを両親は話し合って自己破産をするっていう結果に話し合いでなったらしくそうしたそうです。

それからでも、母はずっと父に対して借金のことは言わず、父もそれに甘えることなくお互いが思いやりを持ってずっと生活をしてきたように子供ながらに感じていました。そんな夫婦がいいなってずっと思っていましたね!(^^)!